目的を持つということ

 

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

 

世の中の小学生と同様に中澤家の子供たちも夏休みになりました。夏休みになる前日の夜は、

「明日宿題を終わらせて、あとは好きなことをして過ごす」と意気込んでいました。その気持ちはとてもわかりますし、この子供の親だけあって僕自身も過去に同じことを言っていました。これは中澤家に限らずに誰でも一度は夢見て発する一言だと思います。

 

しかし、現実はそんなに甘いものではありません。というか、宿題はそんなに簡単に終わるように考えられていません。翌日の2人は、

 

昨日の意気込みはどこかに行ってしまいましたが、こうなる気持ちもよくわかります。夏休みの小学生らしさはこういうものですし、夏の風物詩のようにも感じます。

 

先日、お客様から

「これ息子さんが書いたものじゃないですか」

と写真を見せていただきましたのは、倉渕の道の駅に飾られた七夕飾りの短冊の写真です。

 

一般的には77日が七夕だと思いますが、倉渕の七夕は87日です。短冊に書かれているのは中澤家の次男が将来の夢を書いたものでした。「今どきっぽいな〜」と思いますが、ユーチューブ大好きな次男が、好きなものを職業にしたいと思う気持ちは大切なことだと思います。でも、もっと大事で素敵だなと感じたのがその下に書いてある言葉でした。

 

将来の夢、どんな仕事をしたいとか、何になりたいとか、世の中にはたくさんの職業がありますし、これから新しい職業も生まれることを考えると、これから大人になる子供達の未来もとても楽しみに感じます。

 

大人になった時に何をするのかはもちろん大事な事ですし、好きなことを仕事にしてほしいと思います。そして、大切にしてもらいたいのはその後です。自分がやりたいことをやって、その場所で何をするのかという『目的』が夢と同じくらい大事なことだと思います。

 

倉渕で施工させていただいております、外壁修繕の現場では、シーリング工事でコーエイの須永さんが入ってくださいました。いつお会いしても穏やかなお人柄で、仕事も惚れ惚れするくらいの仕上がりなので、中澤建設の防水工事には欠かせない方です。

 

仕事が終わったあとに少しお話をしたのですが、最近健康の為に大好きな晩酌をやめたと発表がありました。お酒が好きな方にとって晩酌は1日を締めくくる楽しみだと思いますので、それを無くすのは大変なことです。

 

しかし須永さんは、お酒をやめる訳ではなく1日に飲む量を適量に減らすことを目的にしたそうです。まずは、自分が美味しいと思えるノンアルコール飲料を見つける為に売り場に並んでいるものを全て飲んだそうです。口に合うものを見つけ、晩酌の時にそのノンアル飲料を飲んで、最後に適量のお酒を飲むようにしたそうです。

 

続けているうちに「これなら今日は飲まなくていいか」と思えるようになり、晩酌をしていた時間に家族で映画鑑賞をするようになったそうです。その生活の変化からお酒よりもこっちの方が楽しいと感じたようです。体重も減り、身体も調子が良くなって「あとは次回の健康診断の結果ですね😊」となったようです。

 

須永さんが、

「これはお酒の話しになってしまいましたが、目的を持つことはいいですよね。それも最初から厳しくならずに、まずは自分に無理のない目的がいいと思います。目的を持って楽しむことは、達成する為には大切なことですよね。」

と素敵な話を聞かせてくださいました。

 

仕事だけの話ではなく、進学でも同じ事が言えると思いますますが、一流企業や一流大学に就職することはとても素晴らしいことだと思います。かといって中澤建設のような知名度の低い小さな工務店や聞いたことのない学校からでも得られるものはあるのではないかと思います。

 

どこで仕事をする、どこで勉強するは大きな問題ではなくて、その場所で自分が何をするのかが何よりも1番大切なことだと思います。

 

一流企業にも一流大学にも行ったことがない人間ですが、僕がずっと心の中に置き生きる上で大切にしていることです。

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

中澤建設は群馬県高崎市で高気密高断熱、許容応力度計算による耐震等級3を基本に、新築、リフォーム、リノベーション、店舗等をトータルで設計施工しています。山に囲まれた倉渕町で自然乾燥木材を使った地球環境に優しい安心安全な家づくりをしている創業50年の大工工務店です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 

 

 

 

『七夕』

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

僕の住んでいる地域では、
8月7日が七夕です🎋

小学生の頃から

当たり前のことだったので、
気にしたこともありませんでした。

ただ今年は

ものすごく気になり

ここ最近、

僕よりも地域密着型

嫁に聞いてみたところ、

『あたしが聞きたいわ 笑笑』

我が家の重鎮であります、
母親に聞いてみたところ、

『昔からだからね〜。
よく知らない 照笑』

夏場の黒光りがおさまることを知らない、

父親に聞いてみたところ

『東京の一ヶ月遅れなんだよ』

えーーーーっ!?



中澤家の有識者に聞きましたが。
世の中の皆さま方が納得する意見は

いただけませんでしたあせる


ぼくだって、

突然聞かれるかもしれませんので、

更なる、地域有識者に伺い、

回答の引き出しを準備せねばなりません!!

先日、住宅の資材を取扱う

メーカーさんが現場にお越しくださいました!
建物内は内装屋さん(根岸表具店さん)

が作業をしている為

外でご説明して頂きました!

この日は、

木材を固定するための
ビス(ネジ)のご提案です!
ビスは、大工工事に限らず、

家づくりに欠かせないものです。

毎日、何気なく使っていた

ビスですが、
知らないだけで

様々なメーカーの
様々な種類があることを知りました。

家づくりにこだわるのですから、
ビス1本1本、釘1本1本、
こだわっていきたいですね!

メーカーさんと

汗だくで話をしていた為、

現場のお隣りに住んでいらっしゃる

お施主様のお母様が見かねて
お茶を出してくださいました。

工事が始まってからというもの

毎日、

美味しいコーヒーと美味しいお漬物を
ご馳走になっておりますニコニコ
とても有難いですお願い

お母様がおっしゃっていました。


「家づくりは

目に見えないところで、

たくさんの人達が


わっているんですね。」


と。

関わるすべての人たちの思いを

大切にしたい

と改めて感じました!