女神様

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

先週は、みなかみ町で

建て方を行いました。

頼りになる、

仲間の大工さんにも手伝いに来て

いただき、天気も味方になってくれて、怪我なく無事に建て方を終えることができました。

上棟式の当日に、

お客様よりお話がありました。

「実は今日、父の命日なんです。

 上棟式と重なってしまって、

 少し考えましたが、

 きっと、父も喜んでると思います😌」と、

お客様にとって大切なことを教えて頂きました。

式の前に、お墓参りに行かれていた様子で、戻ってきたお客様のお母さんが

四葉のクローバー🍀をたくさん持っていました。


「こんなにとれることないんだけどねぇ、お父さんからのプレゼントかもね」って嬉しそうにおっしゃっていました。そして、嫁に

「あげる、幸せのお裾分け」って

四葉のクローバーを渡してくれました😌

上棟式を終えた後、

お茶をいただきながら、

お客様と中澤建設の出会いの話題になりました。

それは、今から2年前

お施主様の奥様からいただいた

電話でした。

中澤建設は、自宅兼会社になっていますので、登録の電話番号に電話すると

自宅に電話がかかります。

当時は、ホームページもありませんでしたので、お問い合わせの手段は

固定電話のみでした。

弊社の家づくりにご興味を持っていただいた奥様よりいただきましたお電話、

受けたのは、僕の母でした。

会社の電話とはいえ、お問い合わせはほとんど無く、来るのは母の友達からの電話かセールスの電話です。

そして、詐欺の電話にも警戒している母親の電話対応

は、塩対応のさらに上を行く、七味対応です。

奥様からのお問い合わせにも、

「はい?

 どなたですか?

 何の御用件ですか?」と

泣く子も黙るような対応です💦

その時、ちょうど近くに嫁がいて、

何かおかしいと思い、電話を代わり

無事にお話をすることができました。

母親も悪気があった訳ではないんです。こうやって、今まで家と会社を守ってきてくれた、影の立役者ですので

責めることは出来ません💦

このことを笑って話してくださる奥様の心の広さ、優しさとご理解に

感謝しかありません😌

お茶をいただき、帰る際に

こんなプレゼント🎁を

いただきました。

言葉にらならない気持ちです😊

きっかけは、

お客様よりいただいた一本の電話、

母が家に居てくれたこと、

母から嫁に電話を代われたこと、

すべてのバトンが渡せたから、

お客様とこの日を迎えられ、

家づくりをご一緒できているのだと思います。

こんな素敵な運命を繋げてくれた、

女神様たちに心から感謝しております。

『繋がる時』

こんばんは!
中澤やすゆきです!
テレビドラマを見ていたり、
本を読んだりしていると、
『あぁ、これ、そういうことだったんだ〜』

なんて思うことがあります。
そうです!

点と点が線になる瞬間ですね!

実は、僕にとって
家づくりにおいてもそんな瞬間があります。
まずは、現場で寸法をとります。
どんな形にするかじっくり考えます。
作業場にもどり、

安全面などを考えながら図面を書きます。
用途に適した材料を用意して、
墨付け(材木に加工の為の線を引いたり、印をつけたりすること)をはじめます。

木の状態やクセを見ながら、
この作業も慎重に。

墨付けが終わったら加工です。
電動工具は使いますが、
もちろん手加工です。
作業場での仕事はここまで。

もったいぶっておりますが、
ここまでくるとわかる人にはわかりますね。

現場で取り付け作業です。
この作業もしっかりと隙間なく丁寧に。

そうです!
僕にとって家づくりの点と点が線になる瞬間とは、

1階と2階が階段で繋がった瞬間なんです!

完成して登った瞬間、

なんとも言えない爽快な気持ちになります‼️
その家その家によって、

カタチも位置も高さも違うので、

階段づくりは本当に面白いです!

今回の階段は、マツの無垢材を使用しました。

強度、耐久性があるのに、

硬すぎず、素足に優しい特徴があるので、

登り下りが目的の階段には、
とっても適しています!
2階にリビングがあるお家の為、
お施主様ご夫婦から、

ご両親が2階に上がりやすい階段にして欲しい、

とのご要望をいただいておりました。
どの仕事内容もそうですが、
お客様の生活にあわせた家づくりは、
『つくりながら考えること』が、とても大切なことだと思います。