伝える方法

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

わたくし事ではありますが、先週の日曜日に41歳の誕生日を迎えることが出来ました。たくさんのお祝いメッセージやお言葉をいただき大変ありがとうございました😊

家族が開催してくれる誕生日パーティーは、現在中澤建設で修行中の松島君が512日に誕生日を迎えた為、僕の誕生日との間をとり真ん中バースデーパーティーというカタチで5月の半ばに行ってくれました。

少しも気にしている訳ではありませんが、自分が誕生日を迎える前にお祝いしてもらうのは初めてのことで、まだ誕生日まで半月ほど残しておめでとうと言ってもらう心境としては非常に複雑です。ただ別々で行うことを考えるとお財布に優しい企画なので非常に助かりますので喜ばずにはいられません。

ということで、僕の誕生日当日はパーティーは行われませんでしたが、事前に妻から、

「何か食べたいものある?」と

聞かれていました。

前回のブログでも書いたのですが、タコライスは妻の得意料理で、とても美味しくよく作ってもらえます。ならばと思い、

「タコスが食べたい」と伝えました。

「作ったことないけど、やってみるわ」と返事をもらい楽しみにしていた誕生日当日の夕方ですが、タコス🌮を作りながら妻の様子が少しおかしく感じます。と言いますか、不機嫌な様子です。 

「どうしたの?」と何度聞いても

「別に」の一点張りです。

長男も

「ママ怒ってるよ。どうしたんかね?」と心配しています。

タコスをつくってくれたけど、妻は食卓に来ないで1人片付けごとをしています。

この空気感は世の男性方には伝わると思いますが、なかなか張り詰めた空気です。

「とりあえず一緒に食べようよ」と言うと

「あたしが料理を作ることも、お弁当を作ることも当たり前だと思っているでしょ?」と妻から言われました。

「思ってないよ!!」と言いましたが、その時は僕も穏やかな心ではいれませんでしたので、何も言わずに会話をすることをやめました。翌日も会話もなく、その後くらいから少しずつ会話も増えて今に至ります。

考えてみたら、妻がそう言いたい気持ちもわかります。毎日、朝4時に起きて洗
濯をして、僕と松島くんのお弁当とみんなの朝食をつくり、自分の身支度をする毎日の中で、僕が手伝えていることなんて、たまにするトイレ掃除くらいなものです。夜遅くに帰宅する日が多いですし、朝も仕事の都合で自分勝手に動いています。出来ないなら出来ないなりに、やるべき事はあると思います。

決して当たり前だとは思っていませんが、

ご馳走さまありがとう美味しかったなどの思っていることを伝えなければ、気持ちなど何も伝わらないことを感じます。

伊勢崎市の新築現場では外構工事が進んでいます。色鮮やかな外壁のミントグリーンはお客様はもちろんのこと僕もとても気に入っています。中澤建設の作業車をご存じの方が、外壁を見ると、

「中澤さんは、この色が好きだね〜」と言われるのですが、こちらのミントグリーンは僕が決めた訳ではありません。

伊勢崎市の新築住宅には、ご主人、奥様、息子さんが住まわれ、娘さんご夫婦も泊まれるような設計になっています。息子さんにもお打ち合わせに参加していただき、色々なお話をしたいと思いましたが、

「僕は平気なので、両親の好みでいいですよ😊」とお打ち合わせには、高さや使い勝手などのどうしても、ご本人しかわからないことを決めるときに参加していただいたくらいでした。

工事が進む中で外壁の色は息子さんが決めてくれることになりました。外壁の色といえば外観を飾る最も重要なことです。そんな外壁の色を息子さんに決めてもらえることが、僕にとってはとても嬉しい出来事です。

僕からお伝えすることは反射率のなるべく高い色をお願いすることだけで、あとは息子さんの好きな色を選んでいただきたいとお話をさせていただきました。そして息子さんが決定された色がミントグリーンなんです。

この色は、息子さんが好きな色ではありません。いつも1番近くで、見守ってくれているお母さんが好きな色だったんです。

僕もそうでしたが、年頃ということもあってお母さんに冷たい態度で接する様子も見てとれました。心の中では感謝しているつもりでも、素直になれないその気持ちとてもよくわかります。息子さんはそんな表現できない気持ちを外壁の色に込めたのだと僕は思います。

お客様に教えていただきましたので、僕も日頃の感謝の気持ちを伝えようと思います。

いつも美味しいお弁当をありがとう。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

中澤建設は群馬県高崎市で高気密高断熱、許容応力度計算による耐震等級3を基本に、新築、リフォーム、リノベーション、店舗等をトータルで設計施工しています。山に囲まれた倉渕町で自然乾燥木材を使った地球環境に優しい安心安全な家づくりをしている創業50年の大工工務店です。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

嫁の誕生日

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

中澤家の朝食にはよく卵焼きがでてきます。

嫁が作ることが多いのですが、

「今日は、タオが作ったんだよ〜」

なんて、子供たちも卵焼き作りに挑戦をすることがあります。

ある日、僕が家族の中で1番最後の朝食でした。いつもは12カットしか残っていない卵焼きですが、この日は半分以上残っていました。

嫁から、「残しても仕方ないから全部食べちゃって」と煽られました。

「いや、卵食べ過ぎでしょ。

このサイズだと3個くらい入ってるでしょ。俺は11個と決めてるの!」

なんて、誰の教えなのかわかりませんが、世に言う卵11個説を信じている僕が言いますと、

「何言ってるん笑。毎日食べるわけじゃないんだから、大丈夫だよ〜」と嫁が言いますが、さすがに全部は食べ過ぎですので、半分はお昼に親父に食べてもらうことにしました。

朝、学校に行く前においしい卵焼きを作ること、ママへのお手伝いの気持ちでやっていると思いますが、本当にすごいことだと思います。

そんな子供達に負けていられないと思い、12月の一大イベント

嫁の誕生日にケーキを作ろうと考えました。

かつて、20代の頃にも同じことを思い本を見て、嫁に作ったことがあるのですが、全然上手くいきませんでした。

同じ失敗はしたくありませんので、

今回は、2人の先生に相談してみました。

そしたらなんと、前日にZOOMで教えていただけることになりました。

しかも、サプライズでやろうということで、嫁と子供が寝静まる深夜11時のレッスンです。

普段料理はしない僕ですので、とても苦戦しました。

決して広くなく、収納も少ないキッチンに改めて立ち、

料理を作る人、キッチンを使う人
がどういう気持ちなのか、見ているだけでは決してわからない不便さ、改善しなければいけないことがよーくわかりました。

2人の先生のレッスンは、丁寧で優しくて、食材のことを大切に考えていて

僕の想像していたお料理とは全然違って、とても楽しいものでした😊

無事にケーキも焼き上がり、片付けです。サプライズですので、何も無かったかのように道具を戻します。

こういうのは得意ですので、我ながら完璧な現状復旧です。

誕生日当日は、日曜日でしたので恒例の朝ヨガです🧘‍♂️

嫁も何も言っていないので、よしよしと思っていましたら、

「やっちゃん、昨日の夜卵を3個食べたんだ。おかず少なかった?」と言われました。やってしまいました💦

ゴミも全て片付けたのですが、卵の殻だけ忘れました。


あれ程、強がって卵を11個と決めていた奴が、

夜中に3個食べるなんて不自然です。

話をそらしなんとか誤魔化しました笑


何はともあれ、夕方に子供達と盛り付けして、いざサプライズです♪





とても嬉しそうでしたし、

ケーキを作ったことに驚いていました。お味はもちろん👍👍喜んでいただけました。

今回、クッキングをすることで、

家の中でキッチンがもつ役割が今まで以上に分かった気がします。料理をつくることはもちろんですが、この場所から家族の表情が見えて、家族と話をして、キッチンは家の中でとても大事で、生活の中心にあるべき場所なんだと感じました。そして、そこに立つ人にとって輝ける場所なんですね。

ケーキを作ることで、大切なことを学ぶことができました。

最初から最後まで、親身になって協力してくださったお2人のお師匠様👩‍🏫

のお陰です♪

ありがとうございました😊

置き手紙

こんばんは!
中澤やすゆきです!
わたくしごとですが、先月誕生日を迎え38歳になりました!
そしてそして・・・子供たちからのプレゼントは、好きなキャラクターの絵が貼られた手作りの箱で、

開けてみると中に入っていたのは、
最近ハマったマンガのメモ用紙とメモクリップとメモタブレット。

心温まるメッセージ。

話を聞くと、ぼくが仕事で使えるものを選んで、子供たちが自分のお小遣いで買ってくれたそうです!

嬉しいですね!
疲れも吹っ飛びましたし、やる気も今まで以上にあがりました‼️
普段、なかなか一緒にいる時間がありませんが、家族と過ごす時間の大切さを改めて感じることができました😊

仕事の一コマです。
5月〜6月にかけて、屋根・外壁等の塗替え工事のお仕事を数件させていただきました。

塗替え工事をしてくれたのが、
萩原塗装さんです!詳しいプロフィールはホームページに載っています🙋‍♀️→ http://www.hitoto-ki.com/

とにかく仕事が丁寧で、その現場に合わせてとことん最善をつくす間違えのない施工。
調色(色作り)のスペシャリストで、
心から信頼出来る大切な仲間です!
塗替え工事をさせていただいたお客様からお聞きしたお話です。
塗装工事最終日、帰宅すると休憩用の飲み物を用意して下さっていたクーラーボックスにメモ書きがあったそうです!お客様がお留守でご挨拶出来なかった萩原さんからのものでした。
“工事完了の報告とお礼の言葉”
お客様から、
『仕事も丁寧にしてもらって、
会えなかったからって、お礼の手紙をもらえるなんて本当に気持ちいいよ!中澤建設さんに頼んで本当によかった!』と嬉しいお言葉をいただきました✨
お客様を大切に思う気持ち。
仕事とは何なのか。
仕事への向き合い方。
萩原塗装さんから学ばせていただきました!
もともと友達だったのがきっかけで、仕事をお願いするようになりましたが、
今は、それ以上の信頼関係で一緒に仕事をしています!