体験

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

僕にとっての物心とはいつ頃なのかとふと考えてみました。

「あの時かな〜、あの頃かな〜、あんな事あったな〜」と色々な事を思い出しますと、浮かんでくるのは、楽しかった事や嬉しかった事など印象的な出来事です。

中学生の頃ですが、課外授業で職場体験がありました。友人の関くんと藤本くんの3人で花を育てている企業さんに伺いました。花を植える作業を経験させていただいた記憶がなんとなくあるのですが、職場体験のことはあまり覚えておりません。

よく覚えているのは、帰り道にヒッチハイクをして学校に帰る挑戦をしたことです。当時、お笑い芸人の猿岩石がヒッチハイクでユーラシア大陸を横断する番組が大流行しておりましたのでその影響です。

地元の中学生がヒッチハイクをするなんて、今考えてみますとふざけていると思いますが、僕達は田舎の中学生です。そんなくだらないことが楽しくて、ケラケラ笑い転げながら毎日を過ごしていました。


先日の事ですが、中澤建設に倉渕中学校の生徒さん2名が職場体験に来てくれました。

僕が中学生の頃は職場体験でしたが、今では「やるベンチャー」と呼んでいます。

このやるベンチャーの受け入れは、僕にとって待ちに待ったお話でしたので、大歓迎でお迎えしました。

お預かりする2日間、担任の先生にどんな事をしたらよいかお聞きしますと、

「この2日間は、すべてをおまかせします。中澤さんのお好きなようにお願いします。」とお話いただきました。僕の1番好きな自由な設定にテンションは上がります😊

こんな事あんな事を体験してもらおうと安全第一を大前提にカリキュラムを考えさせていただきました。

まずは初日、最初の仕事は木材を使った加工体験です。中澤建設が自然乾燥を大切にしていること、大自然の恵みである木の尊さのお話をして、その木を使ってちょっとした加工をしてもらいました。

ベテラン社員大工の原田さんのご指導のもと作業をしていますとお昼の時間です。

「もうご飯ですか?笑

時間が経つのがめっちゃ早い」と生徒さんが嬉しい反応をしてくれます。

職場で食べるお弁当も働く人の楽しみのひとつですので、しっかりお昼休みをしてもらい午後は内装屋さんにご協力いただきパテ塗り体験です。

ちなみにこちらの現場は自宅のリノベーション現場です。

お施主様のご了承はきちんとい
ただいております
👍

パテ塗りをまずはやってみるのですがなかなか上手くいきません。そこで、プロの仕事を見させていただくとその手際の良さに驚き、職人さんの技術を間近で体験します。

僕も初めてパテ塗りをやらせていただきましたが、見ることとやる事の大きな違いを痛感します。

2日目の午前中は地元にあるはまゆう山荘からの修繕のご依頼がありました。はまゆう山荘さんも、やるベンチャーの生徒さんが作業することを快く承諾してくださいました。

生徒さんも進んで働いてくれて、

「次は何すればいいですか!」と羨ましいくらいのフレッシュな笑顔に現場は明るくなります。

この日のお昼ご飯は、

妻にカレーを作ってもらい、ご飯はお釜で炊いてみんなで賄い飯を食べることにしました。お米をといだり、火を焚き付ける作業は生徒さんにお願いして、出来上がったワンプレートランチ。青空の下、みんなでおいしくいただきました。

お腹いっぱいになりましたら、やるベンチャー最後のミッション、珪藻土をつかった塗壁体験です。左官屋さんに教えてもらいながらの作業なのですが、このタイミングで担任の先生も来て下さいましたので、先生も生徒さんもみんなで珪藻土の塗壁チャレンジをしてもらいました。

僕の職業は大工であり工務店ですので、家づくりが仕事です。家づくりの中には、多くの人との関わりと色々な仕事があることを知ってもらい、体験してもらいたいと思い2日間予定をたてました。

しかし、今回のやるベンチャーで色々な経験を出来たのは僕達大人も同じかもしれません。

木工機械を一緒に使いな
がら、木を加工する社員大工の原田さんの嬉しそうでいつもより
3倍優しい笑顔

パテ塗りを教えてくれた内装屋さんの根岸さんは、いつも人一倍丁寧ですが、生徒さんにも丁寧な教え方で、やっぱりとても嬉しそう

板金屋さんの勝見さんは、

「自分は屋根屋だから、何の協力もできないんだけど、せめて応援したいから」と飲み物の差し入れをしてくれました。

珪藻土の塗壁を教えてくれた左官屋さんの松井さんは、

「難しいかもしれないけど、自分の好きなように塗ってみるといいよ。技術も大事だけど楽しむことの方がもっと大事だから」とやっぱり嬉しそうにお話してくれました。

やるベンチャーは、その企業に行って仕事を体験することが目的です。

ですので、中澤建設の職場体験もきちんと体験してもらえたと思います。

自分の好きな仕事に誇りをもち、人と人との関わりを大切にして、お互いを支え合う、みんなが同じ気持ちで家づくりをしているのが中澤建設の職場です。

皆さんのご協力と温かく見守っていただいけたお陰で、無事に2日間を終えることができました。

来てくれた2人の中学生は、とても真面目でとても素直で思いやりの気持ちをもつ素晴らしい生徒さんでした。

そんな2人に、この2日間の感想を聞いてみますと、

「色々な体験か出来て楽しかったです。

そしてなにより、ここにいる皆さんの人の暖かさが1番嬉しかったです。」と言ってもらえました。

仕事を通じて、家づくりを通じて、

僕達が1番大切にしていることが、

しっかりと伝わったことが嬉しかったです。