見えない幸せ

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

僕は何でも新しいものに変えられません。

経済的な部分も理由のひとつですが、それを抜きにしたとしても難しいかもしれません。

壊れてしまったものや、使用することが出来ないものは潔く処分できますが、

「少し古くなってきたから」という理由で変えることはしません。


中澤建設の作業車がひとつの例です。

中澤建設は大工工務店ですので、作業車にたくさんの道具を積み込みます。以前はこのボンゴに積んでいたのですが、年式も古く毎日フルに走らせない方が良いと判断し数年前に新しい車両を入れました。長年お世話になったボンゴに愛着もあり、まだ動くこと、広い車内は天候を気にせずに資材を運搬できますので、白かった車体をきれいに塗り直してもらい今でも現役で働いています。

先日のことですが、安中市の改修工事が完成しました。こちらのお客様は12年前に新築工事をさせていただいたお客様の奥様のご実家です。

玄関に隣接したLDKがあるのですが、

実際は料理を作るだけの場所になっていました。

作られた料理を別の部屋に運んで食べる毎日、この場所を家族で過ごせる場所にしたいというご依頼です。

昨年、亡くなられたおじいちゃんがつくった家をおばあちゃんが大切にしているということもお聞きしていましたし、無垢材をたくさん使われたお家でしたので、あるものを最大限活かしての工事を計画しました。

工事が始まる際に、

「お父さんがうるさいから、やっちゃんに迷惑をかけてしまったらごめんなさい」と娘さんが心配されていましたが、とんでもありません😊

「キッチンをここにしたいと思うんだけど、やすくんどう思う?」

「壁の珪藻土はやすくんがいいと思う色を教えてもらえれば、それでいいよ!」と僕の意見を第一に考えてくださいます。

床と天井に張る板のサンプルをお持ちした時も、

「やすくんいいね〜」とご家族皆さんで喜んでくださいました。

現場に入る職人さんにも、ひとりひとりにきちんと向き合い敬意をを表してくださいます。

工事も終盤になり、お父様が得意の珈琲を淹れて下さった時にこんなお話をしてくださいました。

「世の中にはね、絶対的幸せと相対的幸せがあるんだよね。いい車に乗ったり、お金がたくさんあることが相対的な幸せ。もちろん、この相対的な幸せも大事かも知れないけど、大切なのは絶対的幸せだと思うんだよね。

絶対的な幸せはね、気持ちの幸せ。

やすくんがしている仕事も携わっている職人さんひとりひとりも気持ちで動いていることが伝わってくるんだよね。だから中澤建設の仕事は絶対的な幸せの家づくりだと思う。

これから先も変わらずに続けてほしいな!」

と話してくださいました。


初めて聞いたお話、

お客様の思い、

喜びが込み上げてきます。

床に張った板も、天井に張った板も、

壁に塗った珪藻土も引き残しのある引戸も

キッチンも照明器具もいつもと変わらない

決められたモノです。

現場で作業してくれた職人さんも、

いつもと変わらない、いつも通りの仕事をしてくれました。

いつも、いつでも丁寧に気持ちを込めて仕事をしているからこんな風にお客様に気付いてもらえたんだと思います。

お客様に教えていただいた

絶対的な幸せは、目に見えないものだと思います。だからこそ、無くしてしまわないように大切にしたいと思います。