中身

こんばんわ!

中澤やすゆきです!

お客様とのお打ち合わせの帰り道、妻とスーパーマーケットに寄りました。お昼を過ぎていたのですが、食事をする時間がありませんでしたので、車の中で食べようとお互いに好きなものを買います。

妻がパン🥖をかじっている横で、僕が3本入りの太ちくわを食べていますと、

「タンパク質だからいいと思ってるんでしょ〜、ちくわだけ食べても栄養は偏るんだよ!子供に野菜を食べなよとか言えないよ〜」と言われました。

いやいやいや💦

野菜も肉も魚も妻がバランスよくつくってくれる食事は食べていますので、栄養バランスが偏っていることはないと思います。

手軽に食べられるちくわを選択しただけです。

普段、現場から家に帰る途中にお腹が空いた時は、スーパーやコンビニでパンとか肉まんじゃなくて僕はちくわを買って食べるくらいちくわは好物です。栄養面を考えてちくわではなく、美味しいから食べているだけの話です。


ちくわにも色々な調理方法がありますが、トマト🍅は切ったものより、丸かじりの方が美味しいのと同じように、ちくわも丸かじりに限ります。これは食べ方のこだわりですので、これによってよい効果があるのかはわかりません💦

子供がサッカーをやっている様子を見ていますとサッカーボールに座るという行為がとても気になります。近くで見かけた時は注意するのですが、遠くから見えた時などは何も出来ませんので、すごくもどかしく感じます。


このことを妻に話しますと、

「この間、強いチームの子供たちも座っていたよ」と言われました。


そういう問題じゃないんです。サッカーボールに座らなければサッカーが上手くなる訳でもありませんし、座ったからミスする訳でもありません。直接技術には関係ないことはわかっていますが、ボールは椅子じゃないんです。


道具を大切に思えば座るなんて行為にはなりません。こんな事をサッカーも上手くないようなやつに言われても響かないかもしれませんが1つの躾として伝え続けたいと思います。

現在倉渕町で、車庫の新築工事をさせていただいております。この日は板金屋さんに屋根の細かな納まりを工事していただきました。

僕と同じ歳の勝見板金さんです。同じ歳とはいえ、もともと知り合いという訳ではなく今から1年半前に、いつもお世話になっている協力業者さんに

「どうしても中澤さんに紹介したい板金屋さんがいるから一度会ってほしい」と言っていただき出会うことが出来た職人さんです。

萩原塗装さんが大絶賛する理由がよくわかりました。抜群の技術と丁寧な仕事はもちろんのこと、人への思いやりとモノへの思いやりをしっかりと持った職人さんです。


仕事をする際に勝見板金さんにひとつだけお願いしたいことがあると言われました。

「屋根に土足で上がらないで下さい。」

僕は驚きましたし、今まで考えたこともありませんでした。


勝見さんにその理由を聞きますと、

「お客様の大切な家です。砂や小石がついた靴で屋根に上がると傷がついて、そこから錆が出て屋根が傷んでしまいます。そういうところを大事にしたいんです。」と教えてくれました。


確かに勝見板金さんのいう通りです。家の中を土足で上がらないのと同じように屋根の上だって土足で上がるべきではありません。

じゃあ、砂も小石も付いて無ければ土足でよいのかというとそういうことでもないんだと思います。気持ちの問題です。


行動とはあくまで1つの行為です。その行動をする中にある気持ちがとても大事なことなんだと思います。

こんな素晴らしい人と出会えたことも大きな喜びですし、この出会いを繋げてくれる仲間がいることもとても大きな喜びです。