下積み時代

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

どんなことにも

下積み時代ってありますよね。
僕は大工なので、

21歳に専門学校を卒業してから

安中市で修行させてもらった5年間は、

まさに下積み時代って感じです。

初めての現場はリフォームでしたので、

解体作業でした。

兄弟子に
「ここを壊しておいて」と言われ、
壊してみれば、
「壊し過ぎだ」と怒られ、
親方からは、
「ヤスにやらせるな」と
兄弟子が怒られ、
結果、現場掃除🧹の毎日。

親方と兄弟子の会話で、
「天井の高さを八尺五寸にしよう」
この二人は何語を話しているのだと、
ボーッと聞いていたら、
「現場にカカシはいらねんだよ」
と怒られ、いつもの現場掃除🧹。

現場掃除は本当に大切な作業ですので、

それも修行のひとつなのですが、
当時は、なかなかそういう風には思えませんでした。

今、地元倉渕で改修工事をしています。

築44年の建物を構造材の骨組みだけを残して、
耐震補強をし、

断熱・気密などの性能も

新築と同様にする
大規模な改修工事です。

本来でしたら、

解体作業は解体屋さんにお願いするのですが、
この建物は、中澤建設で行なっております。

理由は2つ。
ひとつは、解体しながら建物の状態を

確認したかったからです。

手作業での解体ですので、
細かな部分も確認できますし、
その都度、対処を考えられます。

そしてもうひとつが、
この2人がつくった建物だからです。

この建物に現在住まわれているのは、
44年前に新築したお客様のお孫さんなのです。

工事が始まる前のお打ち合わせでは、
新築にする案もあったのですが、
お悩みになった末に改修工事に決まりました。
その理由をお聞きしますと、
「おじいちゃんがつくって、
 私が引き継いだこの家。
 安全に快適に生活できるのであれば、

 このまま大切にしたい。
 しかも、つくってくれた人が
 直してくれるからいいですよね。」
とおっしゃっていただきました。

この家も、

作業する僕たちも

幸せものですね。
家を大切に考えてもらえる。
その気持ちが何より嬉しいですね。

解体作業は楽な仕事ではありませんが、

つくった人も僕も

愛情をもって壊しています。
解体作業をしていたら、
柱にこんな加工がしてありました。

なんだか模様になっています。
初めて見るものなので聞いてみますと、

塗壁がくっつきやすくなる加工である。

との事でした。

すると

社員大工の原田さんが笑いながら、
「俺の仕業だよ」と。

当時、21歳の原田さん。
下積み時代のこの作業を

よく覚えていると言っていました。

笑いの中に、つくった人の思いを感じました。
その思いはカタチになり、
またこの先何十年と残っていくことを
嬉しく思いました。

冬のプレゼント

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

中澤家の三男、タキ君ですが
兄達の影響もあり、
すっかり男の子らしくなってきました


先日も鬼を倒しにいくと、
意気込んでいました。

夏の終わりくらいから、
タキが言うことを聞かない時の
僕と嫁の決まり文句。
「あっ、どこかで
サンタさん見てるな〜
今年はきてくれるかな〜」

です😅
サンタさんに頼りっぱなしですね😊

子供に限らず、

大人から見ても憧れの存在

「サンタクロース」。
実は、僕の住んでる倉渕にもいるんです。

「スマイルくらまち村応援団」

旧くらぶち村を大切にしたい気持ち、
そして、これからのくらぶち町を
笑顔が溢れる町にしたいと思う、
地域の応援団です。

僕もそのメンバーの1人です。

「今年は、こんな時期だし、
何をしたら子供たちは喜んでくれるのか?」

の話し合いです。

「クリスマスに飾り付けできるように
もみの木をプレゼントしたらどうだろう!?」

今年は色々な楽しみが制限された子供たち。
飾り付けをして楽しんでもらえるようにと、

もみの木をプレゼントすることになりました。
出荷の時期が過ぎていたこともあり、
何とか用意できたもみの木は5本でした。

くらぶちのこども園と小学校に募集したところ、

8家族から応募がきました。
何とか見つけた5本の木だと知っていましたので、

やむなく抽選です。

ところが、用意されていたのは

8本のもみの木でした。

サンタさんの気持ちに
胸が熱くなりました。

そして今日、

くらぶちのサンタクロースが

もみの木をこどもたちのところへ届けてくれました。
ちゃっかり中澤家も応募していました😊

そして、
サンタのおじさんは言いました。
「子供は初めて見るものや体験することに

たくさん感動する。
そんな子供の気持ちを感じられる
大人でいたいよね。」と。

家づくりも

つくっている僕たちには、

当たり前に見えるささいなことや少しの工夫。

見ていてくれる、

喜んでくれるお客様がいらっしゃるから

ひとつひとつのことを大切にしたいと思いました。

出会い

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

新しい環境に飛び込むことって
ドキドキしますよね。
僕の通った小学校は、
同級生が13人でしたので、
中学にはいって、人の多さに圧倒され、
高校にはいって、人の多さにビビったことを

よく覚えています。

高校1年のはじめに行った自己紹介。
もちろんその場に嫁もいました。

田舎者の僕は、
とにかくインパクトで笑いをとれば
人気者になれると思い、
「中澤やすゆきです。
 大きくなったらパーマンになりたいです」と。
結果は失笑…

それよりも、
僕の後に自己紹介した
少し不良の雰囲気を出していた
確か名前は深澤君。
「僕をバドってあだ名で呼んで下さい」

の方がウケてた。
悔しい思い出のひとつです。

こんな感じで、
初めての場所では、
いつも空回りしてしまいます。

先日、定期的に行われる
家づくりの勉強会に参加しました。

この勉強会ですが、
ちょうど1年前にお誘い頂いたのを

思い出しました。
初めて顔を合わせる方との意見交換は

言葉を伝えることが下手な僕にとって
苦手な場所でした。

けれど、よりよい家づくりを考えたら
絶対に必要な勉強会。
生温い意見や馴れ合いなどは
一切なくて、
ライバル同士、
家づくりを真剣に考えての
意見交換です。

僕も裸の自分を見せる思いで、

発表させて頂きました。

こんな風に思えるようになったのも、
こんな僕だとわかっていて、
勉強会に誘ってくれた人がいて、
全てをさらけ出して
様々なことを伝えてくれる人がいて、
そして、僕の意見を受け止めてくれる人が
いるからです。

間違えていれば、
本気で叱ってくれる。
悩みがあれば、
真剣に考えてくれる。
嬉しいことがあれば、
一緒に喜んでくれる。
こんなお仲間と出会えたことが、
何より嬉しいです。

意味のある仕事

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

先週の日曜日、
目覚めて外に出ると
とっても空気が澄んでいる
気持ちのいい朝でした。

子供の友達も遊びに来ていたので、

自宅よりも少し標高の高い
僕のお気に入りの場所まで、
行ってみました。
地元倉渕では、
紅葉は終わり間近でしたので、
歩道には落ち葉🍂が敷き詰められていました。
子供にかかれば、
踏んだり、ばら撒いたり、追いかけたりと、
眺めて楽しむ大人とは違った、
楽しみ方を知っていました。

ふと思い出したのは、
造園屋さんとのお話でした。
家のまわりを彩る植栽工事は
すべてお願いしております、
坂本造園さん。

こだわり・センス・技術が抜群で、
信頼できる職人さんの1人です。

その日はお手伝いの職人さんもおり、

三人で休憩をしていました。

話題は

新緑や紅葉、

クリスマスのイルミネーションなどで、

季節を教えてくれる「街路樹」のことでした。

お二人が口を揃えて話していたのは、

「枝が伸びたからただ切る

 ということは
 剪定したことにはなりません。
 木にもそれぞれ顔があって、
 その木に合わせた
 剪定をしてあげないと可哀想です。
 だけど、そんな街路樹が

 最近増えてきましよね」と。

剪定された街路樹を見て、
ただただ、
「さっぱりしたね〜」
なんて言っている自分が恥ずかしくなりました。

「手で触れてみて、
 全体をよく見てみないと
 その木の特徴はわからないんですよ。
 それがわからなければ、
 正しい手入れはできませんよね。」

と教えて頂きました。

その後、お二人の作業を見ていて
今のことだけを考えた仕事ではなくて、
木の成長を考えて行う仕事に
強いこだわりと想いを感じました。

それは、
見る人が見ないとわからないことかもしれません。

だけど、見ていてくれる人がいるから

意味のある仕事になる。

そう思う事が出来たヒトトキでした。

初体験

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

先週の日曜日、
生まれて初めて、
小布施へりんご狩りに行ってきました。

きっかけは、僕のブログを
読んでくださっている方からの
ご紹介です。
実際にまだお会いしたことはないのですが、
いつも心のこもったコメントを
くださる方です😌
とってもこだわりのお庭とお家にお住まいの
お姉様が営まれているりんご園ということで、
「きっとお話が合うと思います。」
とご紹介いただきました。

中澤家の長男と次男は、
いとこ達と鬼滅の刃の映画に行きましたので、

嫁と三男と小布施へ向かいました。
そこでお会いしたのは、
とっても気さくでとっても明るい奥様です。
「疲れたでしょ〜
 家に上がって、コーヒーでも飲んで〜」
と、初めて会った僕たちに
まるで子供が帰ってきたかのように
接してくれます。
コーヒーと自家製りんご🍎をいただきながら、

お気に入りのお家の話、
そして、そんなお家を襲った

昨年の台風のお話を教えていただきました。

地面から1mは水に浸かったそうです。

少し分かりにくいですが、壁の色が変わっています。


被害に遭われた方のお話は、
言葉では表現できなく、
ただただ、聞き入ることしか出来ない
過酷なものでした。

そのあと、伺ったりんご畑🍎。
僕も子供も大喜び)^o^(
初めて見たりんごの木、

赤い・でかい・ブドウかと思いました。

「これ美味しいよ。
 これはまだ早い。」

という奥様の選別は、
僕たちには全然わかりません💦

「去年はね、台風でひとつも取れなかったの。

 でもね、
 今年は美味しいりんごが取れそうね‼️」と、

優しい笑顔で
りんごを見つめる奥様と
台風に負けないりんごの木に
生きていく強さを感じることができました。

サプライズ

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

僕がまだ、

嫁と結婚する前の話ですが、
彼女(嫁)の誕生日に

バースデーケーキ🎂を渡すことを考えており、
当時はまだ珍しい、
キャラクターを書いてくれる
ケーキ屋さんに予約に行きました。

その頃、嫁は
「Dr.スランプアラレちゃん」に
ハマってまして、
中でも、アラレちゃんの背後に

いつも飛んでいる謎の双子、
「ガッチャン」が大好きでした。

なので、ケーキの真ん中に
その「ガッチャン」を書いて欲しいと、

お店の奥さんにお願いしたところ、

「かわいいですもんね!
 家の子供も同じお年頃なので、
 よくわかりますよ。」と
承諾していただきました。

誕生日当日、
彼女の驚く顔を楽しみに、
ケーキの入った箱を渡す僕。
嬉しそうに箱を開ける彼女。

2人でケーキを見た瞬間、
時間が止まりました。
彼女から一言、
「なんで?」

僕も一言、
「いや??」

そこに描かれていたのは、
Dr.スランプアラレちゃんの
「ガッチャン」

ではなくて、
ドラゴンボールの
「プーアル」

でした。

「これ、
アラレちゃんのうしろに飛んでるやつじゃなくて、
ヤムチャのうしろに
飛んでるやつだわ」

お店の奥さんへの僕の説明、
とってもわかりづらかったことを
反省しました。
イラストを用意すれば、
よかったんですよね💦

僕は何かを説明したり、
表現したりするとき、
言葉だけで伝えようとしてしまいます。
なので、きちんと伝わらなかったり
わかりづらい表現をしてしまうことが

よくありました。

文章で物事や気持ちを伝えること

とても苦手なのですが、
克服したいという気持ちも
ブログをはじめた理由のひとつです。

先日、お客様より
「ブログ読んでますよ!」と
お話いただきました。
少し恥ずかしいですが、
嬉しいお言葉です。
文章をつくるのが得意な方で、
色々なアドバイスをいただきました。
毎週日曜日にブログ更新をしております。
いつも読んで下さりありがとうございます。

これからも変わらずに読んでいただけたら

嬉しいです。

昼寝

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

特別にどこかへ行くわけでもなく、
家にいながら、
ちょっと贅沢だなぁ

と感じるヒトトキってありますよね。

冷凍庫に入っている、
9個入りのミニ雪見だいふく。

夜中にこっそり

家族にバレないように、
2日に一個食べるトキや、
休日に日陰で

昼寝をしているトキも、
たまらなく気持ちいいですよね。

僕は木も同じなんじゃないかなと
思います。
家をつくる時に使われている木材は
花や草などの植物と一緒で、
最初は小さな芽🌱からはじまります。
それが、何十年という時間をかけて、
大きな木になります🌳
その大きくなった木を伐採して、
様々な課程を経て
家づくりの主役のひとつでもある、
木材になります。
その課程の中で、
やっぱり僕は、
「乾燥」がとても大事だと思います。

育ったままの丸太でも、

製材された角材でも、
何十年と四季を感じながら
育ってきたのですから、
春夏秋冬の風に当たりながら、
木の中にある余分な水分を
ゆっくりと乾燥させることが
木にとっても無理がないように
感じます。
いつも同じ場所ではなくて、
時々、ひっくり返すことも
大切なんですよ。

自然乾燥した床板などは、
反ったり、ねじれたりと
自由気ままに動きますが、
問題ありません。
短く切って使えばいいんです。

先日、ずっと欲しかった

建物をつくりました。

材木を自然乾燥させる為の

建物です。

東西南北から風が
入るようなつくりになっています。

自然の風をあてるだけですので、

特別な燃料は一切必要ありません。
地球環境の為にも、
未来のわたしたちのためにも、
化石燃料などのエネルギーを

なるべく使わないように。
小さなことですが、
自分に出来ることを考えて。

この場所で、季節を感じながら、
贅沢な時間を過ごしてもらいたいと
思います。

目線

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

収穫の秋の一大イベントでもあり、
お米づくりの最終工程、
脱穀(だっこく)と
籾摺り(もみすり)を行いました。

みんなで手分けして行います!

子ども達が大活躍だったので、嫁はカメラマンでした!

僕の住んでる倉渕では、
刈り取った稲を

はんで を使って
乾燥させる風景が
秋の風物詩となっています。

倉渕名物はんでぇ米です!

みんなで手分けをして、
自分の役割を全うする子供たち。
とっても頼もしいですね。

真剣にお手伝いをしています!

ふと、機械から出てくるお米を

ジッと見ていたので、

どうしたのかなと思い

聞いてみますと、
「今、僕が触ってるお米は
 家族の、誰がいつ食べるのかね。
 印を付けたら食べるとき気付くかね」
と返事が返ってきました。

面白いことを考えるんだなぁと思いました。
印をつけて、みんなで気にしていれば
わかるかもしれませんね(^。^)

このお米を誰が食べるのかなぁ〜♫


子供の目線に合わせてみると
なかなか気付けないことが見えてくるんですね。

先日、天井の改修工事に伺いました。
とってもお元気で、
仲の良いご夫婦のお宅でした。

ステキな後ろ姿です✨

朝伺いますと、

「遠いところから、

 わざわざ来ていただき

 本当に助かります。」
ご丁寧にそんな風に言っていただけると

嬉しいですね。

工事は、雨漏りした天井の改修です。
気になったのは、
竿縁(さおぶち)でした。
近くでよく見ると、

かどに花柄の紙が貼ってありました。
お客様に聞いてみますと、
「私たちの要望ではなくて、
 家を建ててくれた大工さんが、
 工夫してつくってくれたんですよ。
 いいでしょ〜」

と、とても嬉しそうにおっしゃっていました。

矢印の部分に花柄の紙が貼ってありました

職人さんのこだわりがカタチになること、

それをいつまでも喜んでいただける

お客様がいること。

ものづくりだからこそ出来ること

だと感じます。

そんなこだわりの竿縁は、

もちろん残すことにしました。

休憩時間にお茶を出していただき、
スポーツが大好きだったことや
お孫さんとのキャッチボールのお話、
子供の頃体験した戦争のお話など
お客様の色々なお話を聞かせて頂きました。
お話の途中にこんなことをおっしゃっていました。
「皆さん、お若くて身も軽くて
 本当に羨ましい限りですよ!
 わたしにも、皆さんのような
 時代があったんですよ笑
 でも、今は駄目ですね〜
 年寄りは嫌になっちゃいますよ。」
 と。

とんでもありません。

人生の半分も生きていない、

人生経験がまだまだな僕たちに、

朝からずっと敬語で

ご丁寧に接していただき、

同じ目線で、お話をしてくださいました。

何歳になっても、

どんな人に対しても、

敬う気持ちを大切にしたいと思いました。

お客様とご一緒した休憩時間に

こんな風な人になりたいなと思える

素敵なヒトトキを過ごしました。

宿題

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

中澤家のこどもたちは、
日曜日の今日も

宿題に奮闘していました。

「宿題が終わったら遊びに行っていいよ」
という今日のミッション。
僕自身、

勉強と同じくらい、
いや、それ以上に
遊ぶことは大切なことだと

思っています。

早く終わりにすればいいのになぁ。

と思いますが、そうはいきません。
兄弟でちょっかいを出しながら、
中々進まないですね💦

そんな中、

ふと静かになったと思うと、

黙々とノートに向かっています。
何のスイッチかわかりませんが、
子供のそんな気持ち

すごくよくわかります。

自分が興味のあることの
話を聞いたり、
好きなことを学ぶとき、
時間が過ぎるのが早く感じます。
先週もそう感じる勉強会に参加しました。

「木の構造」の勉強会です。
地震に強い、家づくりの勉強です。
家づくりにおいて、
プランニング(間取りのご提案)は、
お客様にとって

家づくりの楽しみのひとつだと思います。
もちろん、僕にとっても
色々なお話をお聞きして、
喜んでいただけることを想像しながらの

プランニングは、
とても楽しい時間です。

木構造の勉強会では、
そのプランニングが、
地震に強い家をつくる上でとても重要だ

ということを学ぶことができました。
今までも、ずっと考えてきたことですが、

改めて確認することができました。

勉強会の途中で、
講師の先生から

僕たちに伝えていただいた言葉があります。
とてもとても、心に響いたので
忘れないようにメモ書きをしました。

「お客様の生命・健康・財産
 
 守れないのであれば

 建築は辞めるべきです」

僕は、家づくり(建築)が好きなので、 

これからも学び続け、勉強して、

お客様にその大切さをお伝えしていく

決心が出来ました。

中澤少年の事件簿

こんばんわ!
中澤やすゆきです!

僕の住んでいる倉渕では今、
秋の味覚がたくさん楽しめます。
僕の好きなところでは、
やっぱり、栗🌰ですね。
この時期は
沢山いただけますので、
母親に茹でてもらい、
奥歯でかじって、半分に割り、
スプーンでほじくりながら食べる。
食べ始めると止まりませんので、
20〜30個はペロリですね。

先日、中澤家の昆虫女子が
庭でパパラッチをしておりました。
「カタツムリでもいたの?」
と、聞いてみますと
「見て見て、キノコ🍄
こんなにキノコ笑
これ、もたせ🍄だよ!」

すっかり、キノコ女子になっております。

謎のキノコが食卓に並ぶ季節。
ふと、小学6年の時のことを思い出しました。

夕食の時です。
歳の離れた2人の姉は、
まだ帰宅しておらず、
さっきまでいたはずの父もいなかったので、
母と2人での夕食です。

母が、
「お父さんが山で採ってきた
キノコが入ったキノコ汁だよ。」
僕も、
「おいしそうだね。
いただきます。」
その時、玄関のドアがあき、
父が、
「そのキノコたべるな!
毒キノコだ!」

えーーー‼️

父いわく、
初めて採ったキノコだったので、
念の為、近所のキノコに詳しい人に

聞きに行ったところ、

「これ、食べられないよ。」

と。ガーン
危うく、ニュースに出るところでした。

そのあと

父が母にどれだけ怒られたかは、

言うまでもありませんね💦

でも、そんな話はそうそうありません笑
きちんと調べれば問題ありませんし、
美味しいキノコが山にはたくさんあります。

昨日、父に聞いてみました。
「キノコが生えているところって
木の近くが多い気がするんだけどどうなの?」

「そう言われてみればそうだなぁ。
キノコの下には、必ず木があるなあ。

木から、栄養もらってるのかなぁ。」

キノコ。

名前の由来は、わかりませんが
「木の子」
だったりしたら、
面白いですね。